コボの東へ西へPartⅡ

kawasaki W650でのんびりと♪

Sort by 07 2012

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: ツーリング  

7/4 妻籠ツーリング

今日は久し振りにマスツー(二人ですが、、、)に行ってきました。

お相手はレインマンことボティーさん

知る人ぞ知るロングツアラーマンでもあります。



実はボティーさんとは面識は無く世に言うブログ友達

昨日突然のお誘いがありました。

「明日休みがとれそうなので妻籠へ行きますが一緒にどうですか?」





ボティーさんは同じW6乗り

兼ねてから一緒に走りたいなという思いがあり、午前中なら大丈夫だったので快諾



待ち合わせ場所は恵那の○ブンイレブン

朝7時半に集合ですが浜松からみえるボティーさんを待たせちゃいけないので

6時半くらいにはコンビニに着けるように出発

恵那に近づくにつれ雲行きが怪しくなりシールドが軽く濡れる様に


まさかもう恵那に来ているのかっ!!!!




やはりコンビニの前にはボティーさんのバイクとみられるW6が

恐るべし!!ボティーさん

既に到着してコンビニで本の立ち読みをしてました(笑)



軽く挨拶を済まして早々に妻籠に向けて出発



というのも、

妻籠の宿場町があるメインストリートは朝10時まで車の乗り入れが可能なので

朝早くにボティーさんがやってきたという訳です。

私は近くに住んでいながら馬籠は何度も行きましたが

妻籠は一度もなかったのでいいチャンスでした。



19号を2台のW6で走ること20分、妻籠宿に到着

晴れ男こと私が同行ということで妻籠は快晴♪

まだ朝が早いこともあり人影も無く宿場町は二人で独占

tumago05.jpg
右側がボティーさん 左側が私のW6


町並みを堪能しながら散策

妻籠03

妻籠04
この階段の下辺りから撮った写真がよくブログに掲載されていますね。

妻籠05

妻籠は日本の中でいち早くこういった宿場町の姿を残そうとしたところだけあって

私が知る宿場町のなかで一番昔の面影が色濃く残っているように感じられました。

妻籠06

tumago02.jpg


私のリクエストで光徳寺の裏側にある今は廃校となった南木曾町立妻籠小学校へ

木造校舎
木造の校舎

木造体育館
木造の体育館

今も取り壊されず残ってますがかなり老朽化は進んでました。




妻籠を後にして旧中山道沿いに馬籠へ

途中にある
男滝
男滝

女滝
女滝

ここは吉川英治著『宮本武蔵』の舞台となったところ

先日は福井で佐々木小次郎が修行をしたとされる一乗滝へ行ってきたので

私の中だけで二人の因縁を感じてしまいました(笑)


ボティーさんとは馬籠の休憩所でいろいろとお話をさせてもらい11時頃にお別れしました。

久し振りのマスツー?ができ楽しく過ごせました♪ 

馬篭01




tumago01.jpg
W6は宿場町にマッチするなぁ~と自画自賛(爆)





ボティーさんのODO

最後に上の写真はボティーさんのW6 オドメーター

私のW6は2005年製でODOは20,000キロ

ボティーさんは2008年製最終型なのに110,000キロオーバー 脅威のライダーです!!







スポンサーサイト
1
2
3
5
6
7
8
10
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 07

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。