コボの東へ西へPartⅡ

kawasaki W650でのんびりと♪

Sort by 07 2013

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 登山  

先日の伊吹山登山を振り返る

伊吹山MAP

伊吹山登山

当日は朝5時半に出発。

リュックをPCXのリアボックスに括り付け、半袖Tシャツに7分のパンツそしてトレッキングシューズ。
(決してバイクに乗る身なりではありません、、、、)

1週間ほど前から夏風邪をひいたらしく咳が続いていましたがなんとか落ち着いたところ。



道中に朝食やら買出しで寄り道したものの8時少し前に伊吹山登山口に到着。

呼び込みのおっちゃんに導かれるまま有料駐車場(屋根アリ)へ

帰りには冷たいお茶と茶菓子のサービスもあってバイクは200円(車は500円)安い♪



駐車場から歩くこと3分 鳥居をくぐると登山口

歩き始めてすぐに呼吸に違和感が、、、

咳はほとんど出なくなったものの鼻水づまりで息苦しいのだ。

それでも何とかなるだろうという気持ちで登りつづける。


3合目までは地味にゆるやかな登板がつづく

樹林帯が続く1合目を過ぎたところからはほとんど太陽の日差しを背中に浴びながらの歩行となる。

汗の量が半端ない!3合目だけど気持ちはもう8合目くらいまできているんじゃないという感覚だった。


3合目からようやく伊吹山の頂が姿を現す。

その高さには折れかけた心をさらに駄目押しをかけるに充分なものだった。


『もう無理っ!!』



『オレは何をしにきたんだ?』

『こんなところであきらめるのか?』

『ホントにこれが精一杯なのか?』


いろんな思いが頭を駆け巡った。



そんな中、山ガール風の女性がひとりで苦しい顔をしながらも私の横を抜け登っていった。

そうだよ、苦しいのは自分だけじゃない、みんな同じなんだ!!

とにかく精一杯がんばってどうしても無理なら下りようと決めた。



あまり無理をしないように休憩だけは頻繁にとりながら登った。

7合目まで来たときに次なる試練が待っていた。

高所恐怖だ。。

うしろを振り返ると足がすくみそうになる高さだ、、、、(あくまで私の感覚です)



これってもし登れたとしても下りてこれるのか???

最悪ドライブウェイで降りればいいっか♪

結局は下るときには恐怖はほとんど無く下山できました。




上の詳細はガーミンウォッチでのGPSログ

標高は10mくらい低くでてますね。

休憩入れて往復 約6時間   登り3時間半くらい 下り1時間半くらい

トレラン競技で早い人は1時間で登るそうだ、すごい。。



今回なんとか挫けずに登頂できたことで、なにかと自信となった。

伊吹山は車でも登れる山です。

もちろん車で登っても頂から望む景色はすばらしいものです。

ただ自分の足で登ると車では経験できない いろいろな感動を知ることが出きたのでした♪








スポンサーサイト
1
3
4
5
6
7
8
9
13
14
15
16
17
18
19
20
21
23
24
25
27
28
29
30
> < 07

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。