コボの東へ西へPartⅡ

kawasaki W650でのんびりと♪

Sort by 09 2013

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 登山  

9/18 木曽駒ケ岳~宝剣岳 ②

7時15分 バスが到着 

このとき既に長蛇の列が出来ていましたが私は前のほうだったので始発のバスの窓際に座ることが出来ました。


バスは助手席を含め満席になり出発

車窓からの景色を楽しもうと思っていましたが、登山前にすこしでも睡眠を摂ろうと目を閉じました。

しかし、バスは菅の平(標高850m)からロープウェイ乗り場のあるしらび平駅(標高1,662m)まで約30分、

1.5車線の細い九十九折を登っていくのです。

バス酔いしやすい私みたいな人は目を閉じていると反って気持ち悪くなってしまいます、

といって目を開けると車窓の景色はというと、私の席のほうは崖スレスレを走るので怖い怖い。

この時は窓際に座ったことを後悔しました。。。



それでも、なんとか気持ちも悪くならずにしらび平駅に到着。

到着と同時にすぐロープウェイに乗り換えです、もちろんこちらも始発。

つい先日に新穂高ロープウェイにのっているので恐怖感はありません。

002ロープウェイ登り



約7分で千畳敷駅(標高2,612m)まで一気に連れて行ってくれます。

003千畳敷駅

写真にあるようにこの駅は日本最高所駅だそうです。

ちなみに新穂高ロープウェイの西穂高口駅は2,156mなのでさらに高いですね。



千畳敷駅に到着すると乗客はすぐに登りだす人と千畳敷カールの景色を楽しむ人に分かれます。

私は後者でまずは腹ごしらえ

ロープウェイで一気に2,600mまできたので体を慣らすためもあります。

高山病予防は大事です。

気軽に行けてしまうといってもこれから向かう木曽駒ケ岳(2,956m)は中央アルプス最高峰なのだから。


30分ほど真っ青な空に包まれた千畳敷カールの景色を堪能

005千畳敷からの宝剣岳

右の方に突き出ているのが宝剣岳、下から見る分には恐怖はないですね(笑)


さていよいよ出発です=3

家で用意した登山計画書を出して登り口にある駒ケ岳神社にて安全祈願

最初の目的地 乗越浄土(のっこしじょうどと読みます)までは小一時間

千畳敷カールをトラバースした後、八丁坂を登っていきます。

最初は寒かったのですが直ぐに暑くなりアウターを脱いで半袖Tシャツに。

そこそこの坂道ですが天気がいいと足取りも軽くなるものです。

007乗越浄土へ登り

登山道はガレ場続きですが、金網で整備され登りやすくなってます。


008宝剣岳下

009乗越へ

010乗越手前からの宝剣
乗越浄土手前の坂からの宝剣岳





予定より早く乗越浄土に到着。

011乗越浄土
乗越浄土 奥が中岳

012乗越からの中岳


乗越浄土を左に折れると正面に宝剣岳が聳えてます。

013乗越からの宝剣岳
右側は天狗岩


この時間ほとんどの人は宝剣岳へ向かって歩いていきますが私は手前の宝剣山荘を右に折れ

木曽駒ケ岳を目指します。


ほぼ中間地点の中岳

015中岳から伊那前岳方面
中岳からみる伊那前岳

中岳(2,925m)の三角点が見つけられずウロウロ、結局わからず。。

016中岳から木曽駒ガ岳と御嶽山
中岳からの木曽駒ガ岳と御嶽山


017中岳から宝剣岳
中岳から宝剣岳


018中岳からの富士山
中岳から富士山

019木曽駒へ向かう途中
中岳と駒ケ岳の鞍部から


中岳から鞍部を通ってひとつ目の目的地 木曽駒ケ岳(2,956m)到着

020駒ケ岳山頂

021駒ケ岳三角点

この木曽駒ケ岳は中央アルプス(木曽山脈)最高峰の山で日本百名山のひとつです。

これで、日本百名山の登頂は3座目になります。(いちばん楽だったかな)

022.jpg


023.jpg




木曽駒ケ岳の頂上で二回目の朝食を摂りいよいよ宝剣岳へ

ただこのままUターンではおもしろくないので巻き道へ廻ります。

024.jpg

巻き道へは西側に下りて木曽小屋を経由するルートで

駒ケ岳の中腹をトラバース



しかし、この巻き道に下りてくる人は誰もいないので不安になりながら進みました。

途中、高度感も少しありましたがなんとかクリア。

巻き道もユーチューブのビデオで見たより大したことないなと・・・・


ところがどっこい!!

もうひとつ、中岳の巻き道があったのです。。。

でも、これをクリアしないと宝剣岳には絶対登れないだろう

宝剣岳の前の慣らしと思って進むことにしました。



やはり、こちらの巻き道は怖かった。。

右手は鋭く切れたった崖、踏み外せば何百メートルの奈落が待っているのだから。

025.jpg


026.jpg


027.jpg
写真で見ると大したことないようですが、怖かったので谷は見ないように進みました。


028.jpg

上空には私のために緊急ヘリも上空で待機してくれています(笑)



いよいよ宝剣岳へ  つづく









スポンサーサイト
1
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
20
21
23
26
27
28
29
30
> < 09

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。