コボの東へ西へPartⅡ

kawasaki W650でのんびりと♪

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: あれこれ  

はじめての入院 (9/11~13)

9/11(水)~9/13(金) 2泊3日 

体外衝撃波腎尿管結石破砕術(ESWL)を受けてきました。

実際 ESWLを受けるのは2度目になります。



最初は脳ドックを受けた病院の紹介で個人病院にて日帰りのESWL。

しかし、途中で衝撃の痛みに耐え切れず破砕できずに断念。

また、この医院に対するもろもろの不信があり別の病院の紹介状を書いてもらい転院。

(これにより再度高額の治療費を払うことになってしまったのだが。。。。)



転院先の病院は地元で一番信頼できる県病院

《はじめからこの病院にすれば問題なかったのだけど

ドックを受けた病院の担当医から紹介されたのが2箇所(ESWLの設備があるところ)しかなく

そのひとつである県病院は”やりたがらない”というニュアンスの説明があったので残る個人病院にしたのだ。

結局すったもんだあったのだが、推測するに紹介状を書きやすかった個人病院を薦めたかったのだろう。

そうしてめでたく転院し、再度一通りの検査をすることになった。(そのほうが安心だ)》



ここまで4ヶ月ほど費やし今回の入院での手術となる。



9/11(水) 一日目

朝10時に入院の手続きということで9時半に妻と病院へ

まず外来にて担当医の先生から説明を受け病棟の看護師さんに連れられ病室へ。

今回、同様にESWLを受ける70歳くらいの男性も一緒だった。

この方はどうも尿道の入り口まで石が降りてきているみたいで

ESWLを使う前にステンドにて尿道の拡張もするそうだ。(痛そう・・・)


案内されたのは大部屋で4人部屋となる。

この病院は一昨年?に改築したばかりで病室もすごく綺麗。

病室01


看護師さんから一連の説明を受ける。

説明書


そしてすぐに昼食となった。

このあと検査等なにもない。

こんなに早く入院する必要があったんだろうか、、、、

でも、今回はゆっくり体を休めようと思っていたのでちょうどよかったのだが。


夕食 6:00

食事病院

出された食事の写真はこれ1枚のみ (ごはん・ポークピカタ・白菜の漬物・高野豆腐の煮物)

カロリー計算されているのか分からないが私にはもの足りなかった。

明日のために下剤2錠飲む

(何のためか聞かなかったので判らなかったが明朝便が出なければ浣腸らしい)



食後は本を読んだりTV(ボクシング)を観たりして過ごす。

就寝時間 9時?過ぎても寝られるはずはない。だってボクシングは9時~11時だし、、、

結局 枕が違うせいもあるのか一晩中浅い眠りしか出来なかった。


9/12(木) 二日目

いよいよESWLを受ける当日

それほど緊張感はない。一度経験してるから

どちらかというと麻酔注射のほうが心配だった。


予定通り朝食を摂ったあと8時半に腹部のX線撮影

用便も出た、よかった(笑)

部屋に戻ると点滴をされた。

点滴


これも何の溶液か聞かなかったので判らないがあとで麻酔の液も注入。

この点滴針は退院直前まで付けることになる。


ESWLは午後1時からの予定で昼食は抜き(終わってから軽食)

1時前に点滴とは別に肩に麻酔の筋肉注射

これを心配していたけどちょっと痛かったけどなんてことはなかった。

注射後、車椅子に乗せられESWLの部屋へ



ESWL

↑のように台の上に仰向けになり今回は右の腎臓の石なので腰の部分にプローブ?を押し当てて

一定のリズムでカンカンと衝撃をあたえるというもの。

数分であればなんのことは無いのだがこれを30~40分続ける。

今回は麻酔が効いているためか最後まで我慢できたが時々鈍く痛むこともあった。



施術後、問題の石の状態を聞いたところ

今回もダメでした、、、、

しぶとく頑丈な石みたい。。


部屋に戻ってからはオシッコをポットに溜めるように言われます。

オシッコの中に破砕によって石が排出されていないか確認するのです。

人によってはひどい血尿があるそうですが私はいたっていつも通り。

点滴で何かの溶液と抗生剤の溶液を入れてこの日は終了。


とりあえずESWLは終わったので急に食欲が湧いてきた。

妻にメールして食べるものの差し入れを依頼。

差し入れは巻き寿司、ハンバーガー、お好み焼き

いくらなんでも多過ぎだけど二人で食べてしまった。

この一時間後夕食だったがこれも残さず食べてしまったのだから自分で言うのもなんだが

たいしたもんだ。。    おかげで退院後3キロ増、、、






9/13(金) 三日目 最終日

昨晩はぐっすりと寝られた。

朝6時ごろ目が覚めてウトウトしていると巡回の定期測定(体温・血圧・サチュレーション)

それと輸液

朝食後 X線撮影をしてから担当医からの説明

今回は破砕は出来なかったのでしばらく尿酸値を下げる薬で結石の増大を防ぎ様子を見るとのこと。

次回の破砕術はいつになるかわからないけどこれからは日帰り治療となる。


退院準備と精算を済ませ10時半ごろ妻に迎えに来てもらい退院。

はじめての入院治療だったけどなんだか旅行気分で終わってしまったのが本心。






今回妻には私が留守の間、寝たきりの母とラルフの介護とひとりでやってもらい本当に感謝している。

口に出して言ってないけど ここで『ありがとう』と言っておく。






















スポンサーサイト

Newer Entry9/18 千畳敷カール

Older Entry登山のすすめ

 

Comments

Edit
えっ!
まだ石残ってるんですか?????
破砕手術でも破砕されない石、どんな強固な石なんやろ?
ひょっとしてダイヤなのかも。。。

早く石が出るといいですね。
養生してくださいね!

Edit
コボち~ん!
TVとベットが写っている画像…本名が…ヤバイです。
入院前に、検査は全て済んでいるので暇で仕方がないよね。

>これも何の溶液か聞かなかったので判らないが…
多分、ぶどう糖だと思うよ。
手術中に何かあった場合の血管確保のための点滴です。
3回もお腹を切っていると、変な知識だけは増える私( ´艸`)

Edit
>ごろごろさん
残ってるんですよ~、、、、
でも、一回で割れない人も結構いるようです。

いまのところカスも出ないんですよね。
このまま悪さしないのだったらいいのですが。
Edit
>さちさん
解像度のいいモニター使ってるね~ あんがと
そうですねブドウ糖だね、きっと
点滴もはじめてだったのでちょっと怖かった(笑)
はじめてっていうのは不安だらけで精神的によくないですな。

Leave a comment







1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。